沿革

本校の校区内には、JR関西線・近鉄・名鉄・国道1号線が通り、交通の便がよい。昔から金魚の養殖が盛んなところであり、今でも通学路脇にはいくつもの金魚池が見られる。コミュニティーの活動が盛んな土地柄で、地区の伝統行事などもしっかり受け継がれている。一方、ここ数年、交通の便が良いこともあり、急速に宅地化が進み、それに伴って、学区の人口は増加している。
本校は、昭和33年、旧弥富中学校跡地に弥富小学校(現・弥生小学校)から分離して誕生した。当時、14学級、665名であった児童数は、平成22年度は、32学級、児童数1033名まで増加し、海部地区で最大規模の小学校となった。今後もさらに児童数の増加が見込まれることから、過大規模校解消のため分離校の建設が進められ、平成25年4月1日、日の出小学校が開校した。
その結果、平成25年度の桜小学校の児童数は406名、学級数14学級となった。
(研究歴・受賞歴)
昭和41年度 ソニー理科教育振興賞を受賞
昭和55~56年度 海部教育事務協議会の研究委嘱を受け「一人ひとりの読みを深めるために」のテーマで研究を推進
昭和57年度 国語教育で、読売教育賞を受賞
昭和58年度 全国自作視聴覚教材コンクールで優秀賞を受賞
平成8~9年度 海部地方教育事務協議会の研究委嘱を受け「感動ある学校をめざして-発見と追究のある教材開発を通して-」のテーマで研究を推進
平成10年度以降は、
・体験を重視し、お互いを認め合いながら学ぶ感動を通して、「生きる力」を育てる。
・「基礎的・基本的な内容を確実に身につけていく指導の充実と、個性を生かし伸ばすための授業改善に努める」を基本方針に、「国語」「読書活動」「算数」の分野を中心に研究を推進。
平成22年度~平成24年度は、「情報化社会に生き子どもの育成」というテーマの下、ICT機器を活用することで基本方針に迫れるよう研究を進め、授業でICT機器を活用することを通して児童の関心意欲を高めるとともに、情報の収集・整理・発信する力や情報モラルを身につけさせることをめざした。
平成25年からは、学校評価の分析結果、児童の実態を踏まえ、「心の教育」の充実が喫緊の課題であることを全職員が認識し、道徳教育に力を入れ、「自他のよさを認め、よりよい人間関係を築いていくことができる児童の育成 」を研究課題に設定し、研究を推進している。

平成28年度・29年度、海部地方教育事務協議会より委嘱を受け、道徳教育の研究を推進している。

研究主題を「自己への問いかけを深め、よりよい生き方を求める児童の育成 ~心の成長を実感できる道徳教育を目指して~ 」と定めて、平成30年度より教科化される特別の教科道徳について、授業方法、評価方法を含め、道徳教育はどのようにあるべきかを研究している。平成29年度11月、研究発表会実施。 


カテゴリー: 学校紹介