給食を愛知を元気に!~給食で味わう、愛知の食材~

2021年1月22日(金)
・牛乳
・ご飯
・地元野菜の豚汁
・鮭の香味焼き
・れんこんのきんぴら

【愛知の食材】
・ねぎ   ・れんこん  ・にんじん
・だいこん ・キャベツ

 今日の給食には、地元野菜の大根、にんじん、キャベツ、ねぎが使われています。地元で生産された食材をその地域で消費することを「地産地消」といいます。作っている人と食べる人が近いため、新鮮な食材を安く手に入れることができます。
 今日の給食に出ている食材以外にも、弥富市や愛知県ではいろいろな食材が作られています。この機会に探してみてはいかがでしょう。今日の給食も、地域の人に感謝していただきました。

カテゴリー: 給食だより

給食であいちを元気に!~給食で味わう、愛知の食材~

2021年1月21日(木)
・牛乳
・五目きしめん
・愛知のしらす入りかき揚げ
・野菜のゆかり和え

【愛知の食材】
・しらす  ・あぶらあげ  ・大根 
・ねぎ   ・にんじん   ・みつば
・キャベツ

 
 昔、きしめんは小麦粉を水で練って小さく丸め、碁石のように押し伸ばして煮たものでした。今では、幅の広いひものような形にかわりました。薄くて平たいので、うどんと比べてゆで時間が短く、もちもちとした食感を味わうことができます。現在の知立市で、雉(きじ)の肉を入れたうどんが好評で、「きじめん」とよばれるようになり、広まったとも言われています。今では名古屋の名物として広く知られています。
 今年はコロナウイルスの影響で、地元応援給食をたくさん行っています。今日のかき揚げに入っている「しらす」も愛知県の日間賀島でとれた新鮮なものを愛知県からいただきました。愛知県は農業も盛んですが、海に面しているため、おいしい魚もたくさん水揚げされています。愛知産のしらすを食べて、漁業関係者の方を応援できるといいと思います。

カテゴリー: 給食だより

給食週間「給食で愛知を元気に!~給食で味わう 愛知の食材~」

2021年1月20日(水)
・牛乳
・ご飯
・弥富大根と愛知鰯のみそおでん
・ほうれん草のおひたし
・西尾の抹茶ケーキ

【愛知の食材】
・いわし ・油揚げ
・大根  ・にんじん
・抹茶

 愛知県の食文化に欠かせないもの、それは「豆みそ」です。今日は、その豆みそを使った、愛知県ならではの「みそおでん」をいただきました。おでんに欠かせない大根は、弥富市の農家さんが育ててくれたものを使っています。また、いわしのつみれには、愛知県で水揚げされた新鮮ないわしを使っています。
 手作りのケーキには、西尾市の抹茶を使っています。愛知県の西尾市は、抹茶の原料となる「てん茶」の生産量が全国トップクラスです。愛知県では、手間をかける方法で栽培する農家が多いため、品質の良いてん茶ができるそうです。こだわって大切に作った抹茶も、コロナウイルスの影響で消費が減ってしまったそうです。こうしてケーキにして食べると、1年生から6年生の皆がおいしくいただくことができます。
 今日も、地元の生産者さんたちに感謝をし、よく味わっていただきます。

カテゴリー: 給食だより