平成29年度 桜小学校経営案

1 教 育 目 標

(1) 本校の教育目標

児童一人一人のすぐれた個性を伸ばし、知・徳・体の調和のとれた人間形

成を図るとともに、規則や規範を大切にする児童を育成する。

(2) 経営方針〈弥富市学校教育基本方針をふまえて〉

一人一人が輝き、自己有用感・自尊感情に満ちた笑顔いっぱいの児童を育

て、元気・やる気・思いやりのある学校を創造する。

① めざす学校像

・ 子ども一人一人が認められ、大切にされる学校

・ 分かる授業が展開され、分かる喜びを味わうことのできる学校

・ 教育環境が整った、安全・安心な学校

・ 家庭や地域社会との連携を密にし、地域に信頼される学校

② めざす教師像

・ 子供・保護者・地域に対して、常に丁寧な指導、丁寧な対応を心がける教師

・ 子ども・保護者の心に寄り添うことのできる教師

・ 子ども一人一人に確かな学力をつけることのできる教師

・ 落ち着きのある学習環境・生活環境づくりに努める教師

・ 家庭や地域社会との連携を深め、開かれた学校づくりに努める教師

③ めざす子ども像

・ 思いやりの心をもち、誰にでも優しく温かく接することのできる児童

やさしく

・ 自ら学び、かしこく創造力豊かな児童 かしこく

・ 進んで体を鍛え、たくましく、がんばり抜く児童 たくましく

(3) 本年度の重点努力目標

ア 学習指導の充実

・ 学習規律を意識させ、落ち着きと集中力のある授業を展開する。

・ TT指導を積極的に取り入れ、個に応じた指導の充実を図る。

・ アクティブラーニングを取り入れた学び合いの授業を推進し、分かりやす

い授業づくりに努める。

イ 教師の授業力・教師力の向上

・ 各種研修会等への積極的な参加、授業研究や校内研修の実施により、指導

力の向上を図る。

・ 学校内外の識者による研修を通じて、楽しく分かりやすい授業づくりや居

心地の良い学級づくりに努める。

ウ 豊かな心の育成

・ 心を込めて、進んであいさつをすることができる児童を育成する。

・ 道徳教育の研究をよりいっそう推進し、心豊かで優しく、人を思いやるこ

とのできる児童を育成する。

・ 日頃から教師が温かく丁寧な言葉で接するとともに、自己肯定感、自尊感

情を養うために、ほめて育てる指導を心がける。

・ いじめ調査やQ-U調査等を活用して、温かい人間関係づくりに努める。

・ 識者による研修を通して、歌唱指導に関する指導法を学び、心を開いて大

きな声で歌を歌うことができる児童を育てる。

エ 特別支援教育の充実

・ 特別支援教育に関して、校内教育支援委員会における情報交換や識者によ

る研修等を通じて、全職員が共通理解を図るよう努める。

・ インクルーシブな学びができるように、交流学級での学習活動を保障する

とともに、児童相互が温かい交流を図ることができるよう工夫に努める。

オ 体力の向上

・ 児童の体力向上を図るため、体育授業の工夫や運動部活動の充実等を常に

心がける。

カ 安全・安心な学校づくり

・ 実践に即した、より実効性のある避難訓練や防災学習を行い、防災意識を

高め、安全に行動することができる力を育てる。

・ 不審者への対応に関する学習や防犯教室の開催等を通じて、危険に対する

認識を深めるとともに対応を学ばせる。

キ 開かれた学校づくり

・ 学校だより、道徳通信、学年だより、学級通信などの各種通信、ウェブペ

ージ等を通して、学校の現状や児童の活動の様子を広く発信する。

・ ゲストティーチャー、スクールガード、桜小人材バンク等、地域の教育の

活用を積極的に推進する。


カテゴリー: 学校紹介