校長室から 2月

 2月19日(月)から3月6日(火)までを、二十四節気の一つ雨水といい、初日の2月19日(月)を雨水の日といいます。この頃から、水がぬるみ、草木の芽が出始めるとされています。また、雪が雨に変わり、春に向かっていく節目とされています。おひな様を雨水に飾ると、新芽が芽吹くように良縁に恵まれるといった説もあるようです。
 2月19日(月)に、久しぶりの朝礼を行いました。月曜日が祝日と重なったこともありますが、インフルエンザが流行ってきていたこともあり、全校が集まる朝礼をしばらく行いませんでした。
 久しぶりの朝礼だったので、今までのように静かに入場できるかなと体育館の後ろで、入場の様子を見ていました。すると、6年生が真っ先に入場してきて、静かに座ります。そして、良い姿勢で静かに待ってくれています。そして、そこに下学年の児童が入場してきます。6年生が静かな空気を作ってくれているので、後から入る児童も静かに座っていきます。しかも、6年生は、入場後、静かに座っただけでなく、体育館シューズを履く際、立った状態でシューズを下にバタンと落とすことなく、少しかがんでそっと起きました。お陰で、余分な音が出ず、静かな場が保たれました。
 もうひとつ、後から体育館に入場してくる児童についてです。通常の廊下などでは、子どもたちは「おはようございます」と挨拶をしてくれるのですが、入口にいた私に、口々に「おはようございます」と挨拶をすると、その声で逆にざわざわしてしまうことを察してか、誰もが、敢えて「おはようございます」とは言わず、会釈だけして黙って入場していきます。6年生の作法といい、下学年の行動といい、場の空気を読み、場の良い空気を保とうとする配慮ができるようになってきたなと、うれしく思いました。久しぶりの朝礼で、子どもたちが一回り大人になったような気がして、まさに、これから新芽が出始めるとされる「雨水の日」にふさわしい朝礼だったなと思いました。
IMG_1329

カテゴリー: 校長室から

校長室から 1月

 1月20日は二十四節気のひとつ大寒、そして今は、寒の内に入っていて、一年の中で一番寒い時期です。しかし、一番寒い時期にもかかわらず、子どもたちは、元気に外で遊んでいます。
 1月15日(月)午後、東京都立川市の5名の校長先生方が、今年度と来年度、桜小学校が指定を受けている文部科学省指定人権教育研究の視察で、桜小学校を訪問されました。どの先生方も熱心に本校の研究に耳を傾けられていました。やがて、研究協議会の休憩時に子どもたちの一斉下校になりました。東京都では、一斉下校や学年下校といったものがなく、珍しいので見せてほしいということで、下校の様子をご覧になっていました。窓を開けて見ていると、子どもたちは大きな声で、お客様方に「さようなら」と挨拶をして下校していきました。朝の全校朝礼で、「今日は、東京から5人の校長先生方がいらっしゃいます。5人のお客様方が、桜小学校に来て良かったなと思われるような気持ちの良いあいさつをしましょうね」と話したのですが、それを気持ちよく実行してくれました。お客様方も、にっこりと微笑まれ、あいさつを返してくださいました。この光景がなんとも微笑ましく、温かく、清々しくて、桜小学校の子どもたちは、本当に素直で気持ちが良いなと思い、そんな子どもたちと一緒に生活させてもらえることに、大きな喜びを感じました。お客様を気持ちよくお迎えし、気持ちよくお話をして、気持ちよくお帰りいただく。自分も心地よい時間を過ごし、人にも心地よい時間を過ごしていただく、ひいては、自分も幸せになり、人の幸せも願う、そんなことを日々心がけながら、子どもたちと生活していきたいと思います。
視察

カテゴリー: 校長室から

校長室から 12月

 二十四節気の大雪も過ぎ、いよいよ冬の寒さがやってきました。今年は、例年より寒くなるのが早く、まさに本格的な冬の訪れを実感しています。そんな中でも、耐寒マラソンに一生懸命に取り組み、休み時間も元気に外で遊ぶ子どもたちを見ていると、負けていられないなと思います。
 先日の朝礼で、「桜小学校のみなさんは、自分の靴を下駄箱に入れた後、手のひらをかかとに当てて、くつがきちんと揃っていることを確認してから教室へ行くので、素晴らしいですね」と話をしました。朝、登校後の様子を見ていると、確かに手のひらでかかとが揃っているかを確認する児童やかかとがきちんと揃うようにもう一度靴を揃える児童がたくさんいます。「かかとが揃っていると、靴が下駄箱からはみ出て、下に落ちることはありません、もし、下に落ちれば砂が落ちます。また、靴がきちんと揃っていると、落ちついた雰囲気になり、それを見た人も心が落ちつきます。人の心は、その場の雰囲気やその場の見た目に動くことがあります。ですから、かかとを揃えるということは、とても大切なことなのです」と朝礼で話しました。
 その後、もう一歩進めて、「脚下照顧」ということも話しました。これは、「他人の批判をする前に、自分の過去の言動を見つめ 直してよく考えるべきであるという自己反省の教えであり、身近なことこそ気をつけるべきという戒め」です。靴がきちんと揃っているかなと確認することは、自分自身を見直すことにつながります。「靴はそろっているかな」が「自分の行いは果たして良かったかな」「さっき言った言葉で、あの子は嫌な気持ちになっていないかな」「人から注意されたけど、確かに自分で気をつけなければいけないな、これから気をつけよう」などのように、自分を見つめることにつながっていくのではないかなと思います。「人のことをあれやこれやと言う前に、自分のことを見つめてみましょう」と話しながら「脚下照顧」という言葉を話しました。体育館の肌寒い中でしたが、子どもたちはしっかりと話を聞いてくれていました。そんな姿を見ていると、自分自身こそ、自分を見つめなければと思いました。
IMG_1137 RIMG0203

カテゴリー: 校長室から