広島県の郷土料理をいただきました

9月13日
 今日は、月に一度の「今月の郷土料理の日」でした。今日は、広島県の郷土料理をいただきました。
 献立は、呉市のもぶり飯、牛乳、海軍さんの肉じゃが、冬瓜汁、レモンソーダゼリーです。
 呉市のもぶり飯の「もぶり」は、広島弁で「まぜる」という意味の方言です。もぶり飯は、広島県の広い地域で食べられいる料理で、地域によって入れる具材はさまざまです。
 子どもたちは、広島県の郷土料理を、味わいながら食べていました。
RIMG0278 RIMG0281
RIMG0282 RIMG0283

カテゴリー: 給食だより

弥富の新米をいただきました

9月7日
 今日は「弥富の新米を味わう給食」でした。
 献立は、弥富の新米、牛乳、さばの竜田揚げ、野菜の梅和え、冬瓜のそぼろ煮、蒲郡みかんゼリーでした。
 弥富市は、愛知県の中でも特に早い時期に新米が収穫される地域です。とれたての新米は、つやがあり、みずみずしく、甘みが強いと言われています。子どもたちは、弥富の新米を美味しそうに食べていました。
RIMG0229 RIMG0232
RIMG0239 RIMG0235

カテゴリー: 給食だより

大阪の郷土料理をいただきました

7月10日
 今日は、大阪の郷土料理をいただきました。
 献立は、かやくご飯、牛乳、お好み焼き、ごんぼ汁、フローズンミニゼリーです。
 大阪は「食い倒れの街」として有名です。大阪と言えば、「粉もん」と呼ばれるお好み焼きやたこ焼きが有名です。お好み焼きは、水で溶いた小麦粉をうすくのばし、キャベツや豚肉、いかなどの具を入れて焼き、醤油やソースをぬって作る料理です。また、ごんぼ汁は、枚方市に伝わる郷土料理です。
 子どもたちは、大阪の郷土料理を美味しそうに食べていました。
RIMG0072 RIMG0074
RIMG0077 RIMG0078

カテゴリー: 給食だより